よつぼしトナー印刷コスト-③

印刷コストの削減

よつぼしトナー・プリンターと純正品運用での経費削減効果

通常プリンターを購入して使用した場合と「よつぼしトナーとよつぼしプリンター」で運用した場合のプリントコスト内訳は下記のようになります。
プリンターを購入する場合には、本体代金の他に保守料・定期交換部品代などのコストがかかるのに対し 「よつぼしトナーとよつぼしプリンター]ではリサイクルトナー代金のみで運用していただけます。

実際のコスト削減事例

岡山県内の中学校で実際に運用していただいたコスト削減の事例です。
*メーカー純正品トナー価格は定価の70%で購入したとして試算しています。

よつぼしプリンターとメーカー純正品運用のコスト比較

費用累計(円)
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
よつぼし 35,950 71,900 107,850 143,800 179,750 215,700 251,650 287,600 323,550 359,500 395,450 431,400
純正品 運用 75,540 111,100 146,660 182,220 229,780 301,340 336,900 371,460 408,020 455,580 527,140 562,700

よつぼしトナーの導入で年間約13万円の経費削ができました。