よつぼしトナーとの出会い

 

よつぼしトナーとの出会い

就労継続B型事業所の役割と課題

障がい者の社会参加と自立に向けた取り組みは、将来の就労に必要な経験であり、その中でも経済的な自立は一般就労の 意欲に繋がる要素になります。
そのため、全国的に就労支援施設は工賃(給料)の向上や質の高い作業内容の提供が必要不可欠で有り、各事業所は日々収益を上げていく事を目標にしているものの、現実は、全国的に平均工賃が1万5千円/月程度と数年かけても 微量な増加結果しか出ていません。
※岡山県は毎年、全国平均を下回る結果です。
※国(厚生労働省)はB型事業所に対し、工賃を上げるよう23年度から求めています。

工賃(給料)が上がらない原因として。 企業から頂く作業は簡易な内職型作業が中心であり、単価が安いため数をこなしても賃金を上げていくには限界がある事に要因があります。

ブランドメーカーである就労支援ラボラトリー様との出会い

1.障がい者品質なんて無い・・・

2.支援者が作業員にならない・・・

3.支援者が利用者の作業能力を決めない・・・

4.1事業所の独立採算ではない仕組みづくり・・・ 

5.簡易作業と複雑な作業、障がい区分 事業所差を付けない・・・

6.利用者・支援者がスキルアップできる作業を・・・

7.企業から仕事を頂くではなく、企業の中にある仕事を福祉の仕事として新たに作り出す・・・

8.福祉の労働力を安売りしない・・・

ただ工賃を得るためだけの作業場でない事業所。

内職仕事では得られない福祉事業所独自ブランドによる販売。

そんな、ブランドメーカーである就労支援ラボラトリー様の想いに共感し

よつぼしトナーを取り扱うこととなりました。

 

 

 

 

●●お申込み書類●●
XEROXレンタル機器申込書
・A3モノクロ機
・A3カラー機
EPSONレンタル機器申込書
・A3カラー機
RICOHレンタル機器申込書
・カラーレーザー複合機
CANONレンタル機器申込書
・カラーレーザー複合機

よつぼしトナー注文書
・プリンター用注文書

●●よつぼしトナー ブランド●●
     株式会社 就労支援ラボラトリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です